ネットワークエンジニアが積むべきスキル

ネットワークエンジニアは社会の通信インフラを守り、開発していく大変重要な仕事です。しかし、その職務にはいくつかの段階があり、それぞれに必要なスキルがあります。入社していきなり大規模ネットワークの設計などをするわけではないのです。まず、ネットワークエンジニアになると最初にやらされるのが保守と運用の仕事で、現場に張り付いていて異常があれば熟練者に報告し、対処を行います。この段階でネットワークに関する基礎知識を学び、経験の中からトラブルの対処法を学んでいかなければなりません。
また、この仕事は24時間体制のシフト勤務が基本なので体力勝負な面があります。健康管理に気をつけることもこの仕事にとっては重要な要素です。そして、トラブルの対処がひと通り出来るようになれば構築の仕事を行うことになります。構築とは実際にネットを繋げて、新たなネットワークを築き上げることです。ここでは専門機器やソフトウェアの設定などについて学ぶことになり、より専門的な知識が必要になります。
そして、最後にたどりつくのが設計と要件定義の仕事です。これは新しいネットワークの企画を立ち上げて、その設計を行う仕事であり、ネットワークに関する総合的な知識とスキルが必要とされます。さらに、クライアントとの交渉やスタッフへの指示も行うので高いコミュニケーション能力も求められます。スペシャリストと呼ばれる立場であり、キャリアパスの一応のゴールです。あなたがこのゴールを目指すならこのサイト【キャリアパス大研究!ネットワークエンジニア編】がお薦めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です